So-net無料ブログ作成
伊坂幸太郎 ブログトップ

グラスホッパー [伊坂幸太郎]

グラスホッパー

グラスホッパー

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 文庫

殺し屋3人と復讐を企てる少し男の物語。
鈴木は妻を殺され、その復讐のために妻を
殺した男、寺原が勤める会社に契約社員として
もぐり込み、その機会を待っているのだが
身元を疑われてしまう。
そんな折、鈴木の目の前で寺原が車に轢かれて
死んでしまう。
この時の様子が変だったことや、そこから立ち去る
怪しげな男の姿を目撃してしまう。そして目撃したのは
鈴木と、鈴木をテストしようとしていた鈴木の
上司である女であった。この女の指示で鈴木は
現場を立ち去る怪しげな男を尾行することになって
しまう。。
一方相手を自殺に追い込む殺し屋である鯨は文庫本を片手に
この日も一人を殺していた。だがここのところ過去に
殺した相手の幻覚に苛まれており危険な状況であった。
しかしそんな時に、自分自身が狙われる羽目になってしまい
状況を打破するべく自分に刺客を送った相手を追い込んで行く。
また、二人目の殺し屋である蝉はジャック・クリスピンに心酔する
殺しの窓口なる男にいいように扱われて、うんざりしていた。
この男から離れて一人歩きする道を探していた。
鈴木と鯨、蝉が物語りの終盤に交わってくるのだが、
この辺りになると頁をめくるスピードが何割か上がったように
感じるほど一気に読んでします。
復讐を誓いながらも、肝心なところで、しり込みしてしまう
優柔不断で、少し抜けたところがある鈴木と、罪と罰の文庫を
擦り切れるほど読み込んでいる殺し屋、鯨。
何事につけ、いちいちうるさい殺し屋、蝉。
そして、寺原を死に追いやった押し屋である、あさがお。
これらの登場人物たちのキャラがとてもいいです。
個人的には寺原を殺したあさがおが印象的でした。
とても落ち着いていて、すべての事柄を俯瞰してみているような
懐の深さがいいです。
少しハードボイルドタッチな感じがします。
そっけない印象の中に、出来る奴という感じがします。
そして文庫本をもっている鯨も印象的です。
罪と罰が擦り切れるほど読んでいる鯨。彼も静かなタイプなのだが
人の覇気を吸い取り代わりに罪悪感を埋め込むような闇を湛えている
瞳や、多くを語らずに仕事をこなす感じは、先のあさがおとも
通じる部分がある。自分が人殺しでありながらも相手に罪悪感を
埋め込むところの矛盾が面白かったりもする。
そして自殺に追い込んだ人たちの幻覚に悩まされ、自分自身の胸の
中にも罪悪感を広げてしまうあたりの矛盾も面白いです。
他には物語のところどころに埋め込まれた、皮肉の中に作者の
社会観が見え隠れしていて、単なる人を殺すだけの物語になっていない
のもいいです。
そして、復讐という言葉から距離を感じるキャラの鈴木。
押し屋のあさがおを尾行して、押し屋とひとつ屋根の下に暮らして
いる子供と交わるシーンには鈴木のキャラを印象づけるような、
殺し屋の物語の中にありながら、人の温度を感じさせてくれます。
殺し屋の冷徹さと鈴木のもつ温度のバランス感もとてもいい感じです。
魅力的なキャラや展開の面白さ、構成の妙、科白どれをとっても
流石だなと思わせてくれます。
情熱的であったり、祈りに近い強いメッセージこそ刷り込まれては
いないようですけど、エンターテイメントとしては上質な物語では
ないでしょうか?
映像化するよりは、活字で楽しみたいエンターティメント小説という
感じです。鯨のような殺し屋の映像化は難しそうですし。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

鴨とアヒルのコインロッカー [伊坂幸太郎]

アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2006/12/21
  • メディア: 文庫

河崎の隣へ引越した椎名。
引越した日に隣人河崎から書店を襲う
計画を持ちかけられる。
そんな不思議な河崎と、椎名の織り成す物語。
物語は二年前の河崎と現在の椎名が
行ったりきたりで読みながら今自分が2年前の
物語を読んでいるのか、現在を読んでいるのか
しっかりと意識していないと混乱してしまいそう
になる。
引越してきた隣人にいきなり書店を襲う計画を
持ちかける河崎は不思議で謎めいた印象を与え
ながらも、この行為の裏にある真意に納得させ
られるのだが、そこに到るまでの過程というか
読者をそこへ運んでいく巧さは流石という感じ。
2年前と現在を巧くリンクさせるだけでなく
読者を驚かせる仕掛けを用意している。
そしてこの仕掛けを披露してから先は、今まで
四散していたパズルのピースが組み合わさるよう
に切なさが少しずつ形を成していく。
宗教的な教えを大切にしながらも、その枠に
収まっていられない悲しみを主人公河崎から
読者は投げつけられる。
作者である伊坂さんらしい文体と構成で紡ぎさされる
切なさ。法や宗教だけでは解決出来ない、納得できない
人としての悲しみの深さを、犯罪を犯す心の奥を
見せられたような気がします。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

重力ピエロ [伊坂幸太郎]

 

遺伝子情報を扱う会社に勤めている、主人公泉水の弟、春は
その出生に暗い影を落としている。
その影を背景として物語は展開する。
物語は、町のあちこちで発生する、連続放火事件を主人公泉水と
春、その父らが推理する。
放火の現場の近くに残される落書きが放火事件となんらかの関係が
あると仮説を立ててその真相に迫ろうとするのだが、その関係が
見え初めてきたとき、泉水は大きな衝撃を受ける。。

物語の展開としては、大きな逆転がなく、素直に読者の予想を
裏切らず進んでいく。ミステリーの持つ意外性や新鮮な驚きを
期待している読者にとっては少し物足りなさを感じなくもない。
しかし、キャラクターはとても上手く描かれている。
主人公の弟「春」が得に良い。
どこか人生を達観しているような、哲学者的な側面を見せながら
その対極に暗い情念を抱えこんだ荒々しさを抱えて、そのアンバランスさを
何とか保っている危ういバランス感が上手く描かれているように感じる。

物語の結末、「春」は自らの出生の毒を、別の毒をもって対峙する。
毒であるにもかかわらず、読後はスッキリとした印象を残してくれる。
遺伝子という現実を超越した兄弟、親子の関係、絆が描かれている。
生物学的な関係を超越したところに人が、人として築ける力強い純粋な
絆が印象に残った。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

終末のフール [伊坂幸太郎]

残りの人生があとどれだけかと宣告されたら
どう生きるだろうか。
病気でもなければ、自分の責任でもない
運命とでも言うべき状況が避けられないのなら
自分はどう生きるだろうか。
物語はそんな設定で、自分の残りの人生を過ごす
主人公達の様を描いている。
8つの短編から構成されている。8つの短編には
それぞれの主人公がおり、彼らなりの人生を送る
のだが、それらは微妙に関係を持ちながら展開していく。

物語の中では多くの人達が自暴自棄となり、暴動が
おきたり、世を儚んで自殺する人たちもいるのだが、
自分だったらと思うと、おそらく何も特別な事はしない
ようなそんな気がする。
人は産まれたときからすでに死へのカウントダウンが
始まってるわけで、それがいつ訪れるものかも判らないし
どんな形でそれを迎えるのかも判らない。
そして生きていく中で、自分の未来など何も保証された
ものもないし、未来にどんな状況が待ち受けているか、
確固たるものも無いと思っている。
物語のように終末を宣告されたからと言って、本当に
そうなるのかも判らないし、もしそうなったとしても
そこから逃げられる術ももっていないとしたら、
受け入れるしかないように感じる。
そう思うと今ある状況の中で、日々を大切にしながら
今出来る事を精一杯やりながら過ごすしかないという
気がする。

8つの短編の中の「鋼鉄のウール」という物語の中の
主人公のこんな言葉が印象的であった。

「明日死ぬとしたら生き方が変わるんですか?」
「あなたの今の生き方は、どれくら生きるつもりの生き方なんですか?」

死を宣告されたなら、生き方を変えられるほど人生とは
簡単なものでもないし、もしそうなのだとしたらその
人生は日々を精一杯生きてないという事でもあるわけで。

人は産まれながらにして、死を宣告されているようなもので
死があるからこそ、精一杯生き、あがきもがきながら生き、
生きるという事は、そういう事なんだとこの物語で改めて
そう感じさせられた。
そして生きるというよりも、生かされていると。
権利というよりも義務なのではないかと感じます。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
伊坂幸太郎 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。