So-net無料ブログ作成

眠れぬ真珠 [本]


眠れぬ真珠

眠れぬ真珠

  • 作者: 石田 衣良
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/04/27
  • メディア: 単行本


どういったら良いんでしょうか、この物語。
恋愛小説なんですけど、いろんな顔というか
側面がある小説のような感じなんです。
少女コミックのような雰囲気もあるし、成長
した大人のひとつの愛の形という感じもします
し、加齢、老いに対する切ない悲哀もあり、
その中にもしっかりとした光を放つ、読む人に
勇気を与える物語のような感じもします。
いろんな要素を含んだ小説ですね。
 主人公の咲世子は少し早い?更年期を迎えた
45歳の版画家。彼女が出会う青年、素樹は
映像の世界で身を立てようとする28歳。
この二人がカフェで出会って恋に落ちるという
物語。
 物語全体的に言葉の使い方がとても雰囲気が
あって、恋をする二人の様子を綺麗に描写しています。
 カフェでの場面、彼が咲世子を映像に収めて
行く場面、抱き合う場面等、最初から最後まで
ぶれる事なく描かれています。
 又、版画家であり黒と白の対比によって一つの
絵を描いていくのですが、この黒と白の対比が
いろいろな物を表現しているような気がします。
若さと老いであったり、恋をする前と後あったり、
恋の始まりであり、終わりであったり。
そういう意味で言えば、人生論的な側面もこの
小説には含まれているような気がします。
 それと印象的な台詞というのがいくつかありました。
「今日は二度とないし、明日より必ず一日若いんだから」
とか
「身体だけじゃだめだよ。やっぱり恋とかしないと。
自分からちゃんと心を動かさないと、わたしたちの年
ではだんだん心だって硬くなってしまう」
とか
「わたしにもまだ、よくわかっていない。でも、わたしは
潮の流れにのって、長い年月海をさまよってきたかけら
たちを、とても愛しく感じるの。
ああ、この子たちもがんばってきたんだ。表面の生々しさ
はきれいに抜け落ちているけれど、それによって逆に
自分らしさが浮き彫りになったんだなあ」
「見て、それでも、この子はこうして自分の形を失って
いない。それどころか、昔よりもますますきれいで強く
なっている。わたしは漂流物を見ていると、いつも思う
んだ。これはものなんかじゃない。ここにあるのは、
流れ着いた光だって」
とか
「年をとって傷ついたとも、薄汚れたとも思わない。
その傷はなんとか若さという嵐をのり切った勲章だと
思う」
 年齢を重ねるという誰にでも訪れる老いに対する
悲哀に対して、主人公はそれに別の側面から光をあて
しっかりと肯定している様は元気を与えてくれるような
気がします。
 もっと積極的になってもいいんじゃない?という
ようなメッセージを感じます。
 年齢を重ね、いろいろな事に対して否定的になっていたり
ふさぎこんでいたりする女性たちに対しての著者からの
暖かいメッセージのような気がします。
 年齢を重ねる事には悪い面だけではなくて、良い面も
あるんだと教えられます。
 全体を通して性の描写をもう少しぼかしてもいいような
きもしますが、これは読みて次第なのかなとも思います。
そうした描写が好みで無いという方には少し印象がマイナス
になるかもしれませんが、それが気にならなくて、
 自分の中で自分の年齢に対する負の思いを抱えている
女性にお勧めかな?と思える一冊です。

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 4

yuka

女性にお勧めなら是非、読まなくっちゃね (。-ω・)

最近、テレビのクイズ番組なんかで
石田衣良さんがよく露出してるせいか
図書館でも石田衣良人気が上昇してるような気がします。

by yuka (2008-12-16 16:37) 

joker

yukaさん。

そうですね、石田さんはメディアへの露出は
最近また多くなってきましたね。
売れっ子作家さんだと思いますが、原稿の執筆時間
は大丈夫なのかと、いらぬ心配をしてしまいます。(笑

でも石田さん、優しそうな印象ですけど、なかなか
ふてぶてしかったりと感じるのは私だけでしょうか。

by joker (2008-12-20 12:32) 

yuka

この本、昨夜読み終えました。
私も 
"今日は二度とないし、明日より必ず一日若いんだから"
という文章が心に残ってます。
妙に納得しちゃって (笑´ω`)

切なさを味わえたり 
恐怖を感じたり
ラストでは温かさを感じたり。
私はこの本、意外と好きかも (☆^ω^)

次は石田さんの "5年3組リョウタ組"を読み始めます。

今年も1年ありがとうございました。
たくさん本を紹介してもらってとっても役に立ち有り難かったです!
2009年もよろしくお願いします!
では、良いお年をお迎え下さい。
by yuka (2008-12-30 16:39) 

joker

yukaさん。

今年も一年ありがとうございました。
来年もまた本の感想を載せていこうと思います
ので、覗いてみてください。
yukaさんの読書ライフの一助になれたら幸いです。

良いお年をお迎えください。

by joker (2008-12-31 15:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。